ドレスでたたずむ女性

デリヘル求人の契約はなぜ業務委託なのか

花を嗅ぐ女性

デリヘル求人のすべての職種ではありません。コンパニオンなど一部だけです。アルバイトは正社員やパートと同じ労働者の一種です。会社とは雇用契約を結ぶことになります。デリヘル求人にバイトと書いてあったり、風俗バイトサイトの中でデリヘル求人が紹介されていたりしたら注意しましょう。雇用契約ではない可能性が高いです。
応募者のほうからデリヘル店に業務委託契約にしてくれと頼むことはありません。業務委託契約にするのは店側の都合です。コンパニオンとして働く人を業務委託契約で結ぶ一番の理由は、人件費削減のためです。
コンパニオンをアルバイトとして雇うと、どのくらいの人件費がかかるのか想像してみましょう。まず、労災保険料を必ず負担することになります。残業、深夜手当の支払い、所得税の徴収義務が発生します。労働時間によっては、正社員と同様に有給休暇を与えなければならないこともあります。労働者の完全歩合制は違法です。仕事がないときでも、出勤したら一定の金額の給与を支払わなくてはなりません。
業務委託契約で結んだ人は個人事業主です。労働者ではないので給与形態を完全歩合制にしても違法にはなりません。人件費等のことを気にせずに何時間でも出勤させることができます。

トピックス

  • バック率の高そうなデリヘル求人は効率良し

    デリヘルで働くなら1日に接客できるのは1人か2人が限度、それ以上は厳しいと考える女性も中にはいます。デリヘルの接客は決して生易しいもの…

  • デリヘル求人の契約はなぜ業務委託なのか

    デリヘル求人のすべての職種ではありません。コンパニオンなど一部だけです。アルバイトは正社員やパートと同じ労働者の一種です。会社とは雇用…

  • 急なお金の工面に向くデリヘル求人有り

    正直何でも良いからとにかくデリヘルの仕事で早く稼ぎたい、そんな切羽詰まった状況の女性が世の中にはいます。1日でまとまったお金を稼げるデ…

  • 自由でいたいのならデリヘル求人です

    現代人って本当に時間に縛られた生活を送っているので、メンタルも肉体も結構疲労をしている方が多いようなんです。毎日決まった時間に起床して…